かんがえる、かがんでいる人

考えたことをまとめます。

テクニカル分析について考えた

f:id:ton96O:20180327192703j:plain

 

テクニカル分析は、主に株式市場で発展したローソクの分析を主とし、出来高やその他の指標を参考にしつつ、今後の値動きを予想する為に使われる分析手法です。

 

 YAHOOファイナンスを使えば株式に関してはだれでも参照可能です。

f:id:ton96O:20180327191622p:plain

セブン&アイ・ホールディングスを例にとってみます。

f:id:ton96O:20180327191702p:plain

企業名のすぐ下、チャートを押してください。

f:id:ton96O:20180327191738p:plain

下の方、こちらに注目してください。

移動平均線ボリンジャーバンド等のテクニカル指標を使うことができます。

f:id:ton96O:20180327191838p:plain

 

押す前の状態です、ここで、ボリンジャーバンドをぽちっと。

f:id:ton96O:20180327191921p:plain

ローソク足に対して、その上下を挟むように曲線が出てきました。

 

ボリンジャーバンド

統計学者が考案した、だいたいこの幅に収まるよ~という指標になります。

 

このように、次の価格がいくらくらいか、投資する際の参考情報にするんです。

ここで、注意点があります。

暗黙のルールのようなもので、絶対ではない点です。

言ってしまえば大口が売れば下がりますし、大口が買えば価格は上がるのです。

 

Twitterで見ていると結構テクニカル分析をしている方いまして、拝見しています。

あるブロガーの方もテクニカル分析を勉強します、と書いてらしたと記憶しています。

 

一つの参考情報として興味深いものです。

勉強してみるのもいいかもしれませんね。

注意点はお忘れなく。

 

参考情報

 YAHOOファイナンス