かんがえる、かがんでいる人

考えたことをまとめます。

新卒で大企業に入社することについて考えた事の補足

f:id:ton96O:20180331175205j:plain

先日「新卒で大企業に入社することについて考えた」という記事を書いたのです。

星を頂いており、私の考えは伝わったのかな?と思っていたのですが

反論を頂きました。ありがとうございます。

その方曰く、

「大企業に就職せよというのか?その割には最後に

 「人気企業に就職したと思ったら、社内政治と社内事務に追われ、

  遅い意思決定にイライラし、対外的に通用するスキルが

  身につかなくてもいいじゃないですか。」

 と書いており、理解に苦しむ」

とのこと。

 

端的に申し上げます。

引用しますね。

「自分が決めた尺度で動きましょうよ。」

「自分で選ぶ自分の人生なんですから。」

ここです。核心は。

 

私は、大企業には入れとも、ベンチャー企業はだめとも言っていないのです。

自分の尺度を固めて、それに従って自分の責任で、自分の道を進みましょう、と言っているんです。

だから、どちらがいい、という話ではないんです。

「良い事も悪いことも検討したうえで、前に進もうとする姿がポジティブだと思うのです。」

ネットで革新的な方が書いてあるのは、「ベンチャーが良いよ」「独立しなよ」「大企業は、もう、オワコン」という声が多いように感じましたので、ベンチャーのデメリットを多めに書きました。

 

いかがでしょう?ご納得いただきましたか?

 

もう一つ、言わせていただくのであれば、

答えを欲しがる方は独立しない方が良いみたいです。

そこまで多くの起業家、フリーランスの方を知っているわけではないのですが、独立が性に合っている方は勝手に独立しちゃいますもん。

ベンチャー企業に行く人もその傾向が多いな、と感じます。

そのうえで、「独立したんだけど、○○に困ってて、事前の備えは□□をしてたんだけど、予定外の○○が発生した、どうしたらいいかな?」という質問が来るんです。

「独立したいんだけど、どうしようか?」という方には、私は「やめておいた方が良いのではないでしょうか?」と答えます。

 

独立するのがかっこいい、とか、IPOするのがかっこいい、とか。

そうじゃないんです。

ご自分の尺度を、まずは、作ることをお勧めします。

?