かんがえる、かがんでいる人

考えたことをまとめます。

仮想通貨ニュース 2018/11/20

f:id:ton96O:20181119000922j:plain

 

仮想通貨大手取引所Huobi、ビットコインABCを正式に『BCH』に任命|リプレイプロテクション実装で送金再開となるか

世界取引高No.3の大手仮想通貨取引所Huobi(フォビ)は、ビットコインキャッシュのハードフォーク後の分裂通貨であるABCバージョンを正式のビットキャッシュとしてみなし、既存の『BCH』ティッカーを継続させると公式で発表した。

一息ついた印象です。

Huobiグローバルは、ABCのチームがブロックチェーンにおけるリプレイプロテクションを確保するチェックポイントを設置したことが確認でき、BCH ABCの方が最もブロックチェーンが長いため、BCHのティッカーを保持することにした。

そして、SVバージョンを、『BSV』とする。

結局ABCが後継です。これをもって「当然」という方はたくさんいると思います。しかしハッシュパワーの観点で「もしや!?」という時期もあった事は忘れてはいけないと思います。

今回ビットコインキャッシュのハードフォークは、コミュニティとチェーンの分裂、ハッシュパワー戦争、そして、価格の分離などネガティブな要素が未だ定かではないものの、世界3位のHuobiは、ABCをBCHのティッカー後継者と見なしていることは、今後両通貨の相場や開発陣にも測れない影響がもたらされるだろう。

大きなところがABCを後継とみなしたのであとはそれに続け、といったところだと思います。価格は2017年のBCHと状況が違うのでわかりません。

 

スイスが初の仮想通貨ETPを認可。市場の追い風となるか。

SECの仮想通貨ETF承認の可否への世界中の注目が集まる中、スイスの規制当局は一歩先にETPの認可へと動きをみせた。

Amun社によって提供される、ビットコインに加え、4種のアルトコインを含んだ、「Amun Crypto Basket Index (HODL5)」は、世界初、株式市場に上場する仮想通貨ETPとなる。

なお、該当アルトコインは、Bitcoin cash(BCH)、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)、Ripple(XRP)とされる。

 ETPは

www.daiwa.jp

ETFやETNの総称でした。

Amunの仮想通貨ETPは、株式のみへの投資、もしくはデジタル資産のカストディの設立を望まない機関投資家を、仮想通貨へ引き入れるきっかけとなる。また、それは、ローカルの規制により仮想通貨取引所へのアクセスのなかった一般投資家にも投資機会を与えることになる。」

現状の仮想通貨投資界隈は、時価総額が低く実物の所有が偏在しているので価格操作性が懸念点だと私は認識しています。

機関投資家を呼び込めるのであれば、とても良い事だと感じます。

ETFが承認されればもちろん機関投資家が参戦するでしょうが、それには価格操作性の低減が必要です。

その為、ETFの前に、何らかの形で機関投資家が入ってくるきっかけが必要だと思われます。

 

一方で、米SECは、複数のETF申請を、「詐欺や相場操縦」を理由とし、それらを退けてきた。

今回のニュース自体がETFへ影響を与えるとは思いません。

前述のロジックの一端を担う事は考えられます。

 

ステーブルコイン取引量が最大400%へ増加、仮想通貨市場全体の下落が影響

ビットコインイーサリアム、EOSなどの仮想通貨が急落した11月14日から15日にかけ、USD Coinを含む一部のステーブルコインの24時間取引量が200%以上の増加を記録した。

そりゃ、避難しますよね。

米ドルに裏付けされたステーブルコインの時価総額トップ6は、USD Coin(USDC)、TrueUSD(TUSD)、Paxos Standard Dollar(PAX)、Tether(USDT)、Gemini Dollar(GUSD)、MakerDAO(DAI)。

裏付けではなくペッグでは?DAIが入っているので。

取引量のシェアで2位のPAXは2.0%にも満たず、USDTが400カ所の仮想通貨市場で取引可能であるのに対し、PAXがわずか35カ所でしか取引されていない。

この歴然たる差が埋まらない限り、同じ土俵での戦うことは難しいだろう。

 新興のステーブルコインの方が監査などの裏付け実物の監視はしっかりしているように思えますが、上場しているところの数の差で利用量が決まりました。

とりあえず疑惑はあっても使えるのだから使っておけという、共同幻想が現実に表れた形だと思います。

2018年に入り新たなステーブルコインが続々と登場しているが、米ドルペッグだけではなく、人民元ペッグのBitCNY(BITCNY)やユーロペッグのEURS、ゴールドペッグのDigixDAO(DGX)なども入手可能だ。

DGXは度々話題に出していますが、今一使いどころがわからず。

 

仮想通貨モネロで移民を支援! 専用アプリによるマイニングで資金提供 米当局に拘留中の移民の保釈金に | Cointelegraph

ベイル・ブロックは起訴された移民が保釈金を支払えるよう、仮想通貨マイニングで集めた募金で支援したいとしている。同イニシアティブがリリースしたアプリをインストールすると、ユーザーのコンピューターの処理能力のごく一部-10パーセントの規定値からオプションで50パーセントまで-が、モネロ(XMR)のマイニングに消費される。

実際に、言ってる通りの行動がされ、言ってる通りの事に使われるのであればこういうのはアリだと思います。マイニングって広告を見るようなものですし、電気代とPCを使うことくらい。それで困ってる誰かが助かるのであれば、別にやってもいいなぁという人はいるんじゃないでしょうか?

 

?