かんがえる、かがんでいる人

考えたことをまとめます。

MECEにしない・できないことについて考えた

 f:id:ton96O:20180325124614j:plain

春の選抜高校野球が開幕しています。

私は全く見ていませんし、どこが強いのかも知りません。

つい先ほど同じマンションに住むおじいさんとお話をしたので、それについて考えたいと思います。

 

「あんた、さっきの○○高校の試合見たか?」

「いえ、みてないっすね」

「あー、もう、何してんの。すごかったよ。

 9回裏、ツーアウトまでランナーなし。おじさん見たくないから机に突っ伏してたの」

「あー、もう、これはまける、と」

「そうそう、99.99%まけるとおもってだね、そしたらカーンッって音がして。

 なんと逆転ホームランよ」

「おー、やったじゃないですか」

「そうよ、ツーアウトまでランナーなしだったからね。わしの故郷の高校なんだよ

 まけるのがいやでこう、机に突っ伏してたんだよ」

「見るのが嫌ですもんね」

「そうそう、あの状況じゃぁ、だれもが、99.99%負けると思ってたよ。

 こう、机に突っ伏しててね。そしたらカーンッ。ホームランだよ」

「一気に逆転、良いもの見れましたねっ」

「そうなんだよ、なんといってもね、こう、ツーアウトまでランナーがいなくてね。

 ファーボールだったかな、?まぁ、ランナーがたまったんだよ。そして最後に、カーンッ、音がしてね。」

「なんとホームラン!」

「そうなんだよ!」

この後、まぁまぁ、続く。

 

これを、シニアの方は話がリフレインする、と笑い話にするのは簡単です。

しかし私はここに感動の発露を見るのです。

 

以前「ロジックツリーとMECEとあとは」という記事でMECEの概念を紹介しました。モレなく、ダブりなく行うことを意識することで、考え落としをなくした効率的な考えができるのでした。

これは、論理的に正しい方法であり、批判される要素はないように思えます。

しかし、上記のおじいさんのお話のように、人は、激しく心が動かされると、MECEを意識する事なんて無理なのです。

いえ、むしろ、論理性を重視しない、人に感動を伝えるのであればMECEでない方が自然であり、人によってはMECEでない文章を意図的に書いているとも考えられます。

 

皆、動揺したときや、楽しいことがあったとき、頭が冷静でなく情動が動かされた時。話がぐるぐる回ってしまったという経験はあると思います。

しかしそれはあなたが人間である証拠で、感動した証拠だと思うのです。

 

MECEにしきれない体験をたくさんしましょう!

?